リフォームを行う際のいくつかの注意点

 

 

 

 

リフォームを行う時にはいくつか注意したい点があります。
まずは、リフォーム業者の選定についての注意です。

 

 

 

 

一般的に、大手の業者の方が安心して任せられると思ってしまいがちですが、契約は大手の業者と行っても、実際に作業を行うのはその下請けの場合がほとんどです。

 

 

 

 

その為、大手の業者を通した分、余計に費用が掛かってしまったり、こちらの要望などを聞く担当者は大手の人で、実際に施工を行うのはその下請けとなってしまうと、現場まで細かな要望などが正確に伝わらない可能性があります。

 

 

 

 

 

これらの理由から、リフォームに大手の業者を利用するのはあまりおすすめできません。
リフォームの規模にもよりますが、扱ってもらえる範囲であれば、地域密着型の小さな業者に頼んだ方がいいでしょう。
このような業者の場合、現場の担当者と直接話をすることができたり、料金的にも大手と比べて安くあがることが多いと言えます。

 

 

 

 

 

次の注意点ですが、リフォーム中には当初の見積もりには無かった工程が発生することがあります。
例えば、ここはこの程度で考えていたが、もう少し手間を掛けてこうした方がいいと言われるような場合です。

 

 

 

 

このように口頭で言われたことに対して簡単に返事をしてしまうと、後からその分の料金が上乗せされてしまうのは当然だとしても、いわゆる言い値で乗せられてしまうことがあります。よって、もし途中で見積もり以外の追加の工程が発生した場合には、必ずその場でいくら費用が掛かるのかを確認してください。

 

 

 

 

 

その他の注意点として、異常に安い見積もりを出してくる業者にも要注意です。
同じリフォームを行う場合、どの業者を利用してもそれほど大きく料金が変わることはありません。大幅に安くできるのは、その分見えないところで手を抜いたり、通常より質の劣る安い材料を使うからです。

 

 

 

 

 

この手の業者はキャンペーン中だと言ってかなり安い見積もりを出してきたり、細かい部分の見積もりがなく、合計金額しか出してこないことが多いです。そのような業者は利用しない方がいいでしょう。